So-net無料ブログ作成
検索選択
前の4件 | -

揺れ出したNY市場にご用心 [株式]


28日の株式市場は反落。日経平均株価は前日比94円安の20130円で大引け。

出来高は19.2億株。下落した分だけ押し目買いで出来高が増えた形。


ドル円は112円台。NY市場は大幅安。NYダウは98ドル安の21310ドル、NAS

DAQは100ポイント安の6146ポイント。


配当落ち日であり30円安程度は当然として、NY市場が大きく下げたことで、それ

以上の下落となった。



何といってもNASDAQの下落が目立つ。今後もこのNASDAQの動きは要注意。


どうも先の利上げが効いてきた感がある。バブル株に向かっていた資金が引き上

げられているのではないか。


FFが1%に乗せたことで潮目が変わった可能性は否定できない。新興市場ほど

金利上昇に敏感に反応する。


NY市場のチャートは伸びきっており、もう、いつ10%程度の調整があってもおかし

くない。



東京市場も新興市場が大きく下落した。特にマザーズ。マザーズ指数は2%以上の

下落。日経平均に換算すると500円安のイメージ。


仮に、明日・明後日戻ったとしても無理したくない。



NY株安があるとはいえ、ドル円が112円台に入ったにもかかわらず、株の反応が

ないのは、上を買う投資家不在ということ。


ドル円は112円60銭あたりが上値抵抗ライン。


当面、日本株は海外からの悪材料に引き続き要注意。



コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

都議選明けの7月相場は軟調?! [株式]


27日の株式市場は3日続伸。日経平均株価は前日比71円高の20225円で大引け。
出来高は15.7億株。ドル円は111円台。


NYダウは14ドル高の21409ドル、NASDAQ指数は18ポイント安の6247。



引き続きマーケットは低調。昨日は先週末の新興株の急落の反動高が目についたが

本日はそれも一服。


何より、米国経済が息切れしている。昨晩発表された耐久財受注が前月比▲0.6%予想

が▲1.1%と下振れ。これで111円後半から111円台前半まで急落。



ドル高が進まないと日本株の勢いも出ない。何とか東京の寄付き時にはドルが持ち直し

てきたため株価も強く始まることができたが、勢いはいまひとつ。



さて、来週からの7月相場は腰折れが気になる。今年前半に2月ないし3月の調整をお

伝えしていたかと思うが、実際下落したのは3月20日過ぎだった。


しかも、本格的に調整した4月は3日新甫。7月も同じ。


2日新甫はあまり気にしないが3日新甫が荒れるというのは過去のデータ検証で得てい

る(もちろん荒れない時もある)。



また、今度の7月2日は東京都議選が予定されて点も注目。地方選ながら首都決戦で

あり、衆参議員たちも駆り出されている。


民進は壊滅的ダメージが予想されており、蓮舫代表の辞任含み。自民党は連立を組

む集票マシーンの公明党が都民ファーストと組んだことで劣勢は否めない。


政権サイドがフォーローするとしても具体的な手はない。唯一間接的に株価対策がある

だけ。つまり株価PKOで自民党への逆風要素を一つ潰しておくというもの。


自民は嫌だけど小池は口だけだから、景気もそこそこで、株価も2万円を回復したことだ

し自民でいいか、という無党派層狙い。


さもありなん。とすると、今週は株価も頑張ったとしても、来週から自然体となり値を崩し

やすくなる。



コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

株式市場は今年3回目の14億株割れ [株式]

週明け26日の株式市場は20円高の20153円で大引け。出来高は13.9億株。ドル円は
111円台前半でのもみ合い。
材料難の中、小幅続伸という形だが何と言ってもこの出来高がすべて。14億株を割り
込んだのは今年3回目。
エアバックメーカーのタカタが1兆円以上の負債を抱え破たん。これまで何度も話題と
なっていたこともあり、特段ショック安という広がりはなかった。
といって、あく抜けという訳でもない。一見好調そうな日本経済だが、個別企業はこの
タカタや東芝のようなところもあり、そう簡単な時代ではない。
本日1部市場は薄商いだったがその分、新興市場や材料株に資金が向かった。先週金曜
日に新興市場が急落した反動を昨日指摘しておいたが、それが示現した形。
あとは持続力で、ここからは選別色が出る。気を付けたいのは超低位株が賑わってきた
こと。
これが相場の行き詰まりを示すことが多き、あまりよくない傾向。これらの物色が一
巡すると、少し大きめの調整を迎えておかしくない。
1部市場へ資金回帰できればいいが、そうでないと7月相場は要注意だ。日柄面からも
いいところにきている。
 
 



コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

外人投資家の売り基調で出来高が減衰 [株式]


22日の株式市場は続落。日経平均株価は前日比28円安の20110円で大引け。

出来高は15.5億株。


NYダウは57ドル安ながらNASDAQ指数は45ポイント高。このところちぐはぐな

動きが目立つ。ドル円は111円台。



値動きも小さかったが、出来高が15億株台と全く冴えない。既報通り、6月中旬以降

は減衰、を端的に示したものといえる。


本日の引け味は悪かったが、出来高が出来高だけに信頼性は少し控えめに見た

ほうがいいかもしれない。



4月を除いて今年の相場の傾向として、ダラダラが続いた後ボコッと急上昇するような

展開となっている。なかなか落ちそうで落ちない。


唯一、4月の北朝鮮緊張が高まった際にダラダラ下げが強かったのと、それが緩んだ

後に戻りらしい戻りが見られただけ。


今年の動きを考えると、中途半端なところで売りから入ってもボコッと持っていかれか

ねず、なかなか難しい。


足元でももう一度持ち上げられる可能性はまだ残っている。


こうした中で、大きく動くと知れば海外要因がほとんど。過去は、チャイナショックだったり

ギリシャ危機だったりした。


その点、直近の原油安は少し気になる。着実に40ドル割れへと向かっている。中期的に

30ドルを目指してもおかしくない。


取りあえず、40ドル接近でリスクオフムードが高まる可能性は意識しておきたい。



先週6月2週の投資主体別動向が発表されたが、外人投資家が大幅売り越し。現物だけ

で2000億円の売り越し。


これを個人が550億円、事業法人の1300億円の買い越しで吸収した形。事法の買い

のほとんどは自社株買い。


これで外人のポジション組み入れが5月でほぼ終了したことを確認。これは先も指摘して

おいた。5月に組み入れを終えて6月は売りという経験則通り。





北朝鮮から米国に送り返された意識不明の男性が死去したことが米国で話題となって

いる。誰が見ても激怒する案件。トランプ大統領もしかり。


7月中旬に、中国との100日猶予が切れた後の動きが気になる。


最終的に「米国による北朝鮮への軍事行動強行」という見方は変えていない。




コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
前の4件 | -