So-net無料ブログ作成

買いの主役不在の中での2万円台乗せ [株式]


本日の株式市場は続伸となり2万円台を回復。終値は先週末比127円高の20067円。

ザラ場の高値は20087円。出来高は14.8億株。


ドル円は111円を挟んだ動き。必ずしもドル高の動きではなかったが、株価は上昇

した。


これは、先週末に1円以上ドル高となった割に株価の上げが小さかったためだろう。

その修正が本日訪れたということ。


本日の上昇は昨日指摘した通りであり、とりあえずはよかった。ただし、出来高の

15億株割れというのはなんとも心もとない。


2万円は回復したものの、買いの主役が見当たらないということだ。外人投資家は

4~5月に買い越した場合、6月に売り越しとなる傾向が強い。


売り越さなくとも、買い手控えるだけでも勢いは弱まる。国内勢は基本的に逆張り

である。


年金は組み入れ比率の上限があるため仕方ないが、個人が出動しないでどこまで踏

ん張れるか。



ここから外人が買ってくるとすれば、後は、米国株の回復・上昇からの出遅れ日本

株買い、という展開。


その意味ではNY市場、とりわけ調整しているNASDAQの動きは要注目となる。



こうした中にあって、新興市場へ資金は向かわざるを得ない。マザーズは大きく上昇

しているが、バイオ株が動意づいている。


しばらく休んでいただけに一山あっておかしくはない。今回はアンジェスMGが火付

け役となった。




コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0