So-net無料ブログ作成
検索選択

物価目標2%の先送りは朗報だ! [株式]


20日の株式市場は続伸。日経平均株価は123円高の20144円で大引け。出来高は

16.5億株とやや低調。ドル円は111円台で始まったが112円台に戻した。


昨晩のNY市場はSP500指数、NASDAQ指数が最高値を更新。


NY市場が上昇して東京に回ってきたことで、本日の地合いはまずまずで始まった。

ドル円が111円台に入っていたが後半での動きで特に材料視されず。


それより日銀会合の結果が注目が集まった。



既報通り、大方の予想は現状維持で結果もその通りだった。前場段階でじり高とな

っていたことで、結果を受けても少し上昇した程度だった。


注目のETF枠に関してもそのままで縮小はナシ。このままでいくということ。



また、物価目標2%の達成時期を再来年の19年度に先送りされた。黒田総裁の任期

は18年4月までだから再任されないと、自身の任期中に目標達成は厳しくなった。



今回の会合は現状維持であったが、今後の株式市場についてはポジティブに映る。

物価目標先送りを批判する連中は多いが、こと株式市場はそうではない。


それまで出口が遠ざかったことを意味するためで、現在の異次元緩和は当分続くと

確認できたことは大きい。


欧米諸国が出口戦略に向かう中で、日本だけが当分現状維持ということは、リスク

オフがない限り基調は円安となる。つまり、株価にとってはフォローとなる。




そして、それを映すように本日TOPIXは年初来高値を更新してきた。いつもは日経

平均が先行して動くが今回はTOPIXが主導している。


つまり、株価の実態は少しずつ底上げが進んでいるという訳。中期目線は上だろう。



コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0