So-net無料ブログ作成
検索選択

3日の内閣改造でPLOの可能性も!? [株式]

8月最初の取引日となった1日の株価は、前日比60円高の19985円で大引け。出来高
は19.4億株。ドル円はややドル安円だの動きで一時110円割れとなった。
その割に株価が堅調だったのは、月初ということでファンドの買いが入った影響だ
ろう。
1部市場は堅調だがマザーズが急落。先週末から軟調な動きとなっていたが、仕手
系株が崩れたことが広く波及した。
ビットコインの分裂が影響しているのかもしれない。
マザーズには先物があり投機筋が売り浴びせてきた感がある。1部市場は日銀の買
いが控えているため売りづらいため、マザーズが狙われた感じ。
それもNY市場がちぐはぐな動きとなっており、NYダウは好調ながらNASDAQ市場
が頭打ち感が出ているという背景がある。
NYダウだけ見ているとこの相場は捉え違いをしそうだ。
そのNYダウも、昨晩21927ドルの目標値をザラ場で達成。SP500は先週、目標値
まで2ポイント違いできたが達成できなかった。
SP500が目標値を取ってくると、日柄的にも水準的にもより要警戒となる。
今週までブレやすいとの見方は、今回は新興市場で示現した。目先、リバウンドは
あるだろうが、まだ油断できない。
明後日3日は内閣改造が控えているがこれは一つのマーケット変動要因となりそう
だ。
内閣の陣容によっては失望売りを招く可能性もあるが、安倍政権としては支持率の
回復を意識しているためそれだけは避けたい。
よって、起死回生策として忖度PKOの可能性があり、大幅高の線もありうる。
いずれにしろ、どちらかに大きく振れるのではないか。

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0