So-net無料ブログ作成
検索選択

4月安値を更新できず、しばしドル高へ [株式]

30日の株式市場は反発。日経平均株価は前日比143円高の19506円で大引け。
出来高は17.0億株。なお、昨日の出来高は12.4億株ではなくて13.8億株。
何か別のものを見ていたのか途中段階のものだったか定かでないが、12億株
台までは落ち込んでいなかった。
さて、本日はドル円がすべて。NY市場で109円台後半へドルが反発した流れを
受け東京市場も109円台後半中心の動き。
このドル高は昨日の北朝鮮による日本跨ぎのミサイル発射に対し、トランプが
比較的冷静に対応したためといわれる。もちろん、まだ買い戻しが中心。
108円台には生保マネーが執拗に買い指値を入れていることからこれを突き抜け
るには、現状では材料不足のようだ。
4月の北朝鮮緊張時にも108円台をつけたが、今回これを下回らなかったことも
いったん戻しやすくなった。
おそらく、来週111円台へ戻ってもおかしくなくなっった。IMMの円売りポジシ
ョンは徐々に減少し、一時期の荷もたれ感が和らいだ。
ただし、110円台では輸出企業のドル売りが待ち構えていると外為関係者は言及
する。よって、114円は厳しいだろうから111円台。
ドル高の材料があるかといえばある。米国ではこれから税制改革が議題に上るが、
このなかで多国籍企業の本国還流に免税しようという案がある。
これは以前も行われたことがある。この分が200~300百兆円に達すると
いわれ、10%が還流しただけでも20~30兆円のドル買要因となる。
実際、成立するかはわからないが、議論が始まったということだけで市場は先取
りし、ドル買いに動く可能性がある。
一方で、北朝鮮との問題は解決していないことから、リスクオフとの綱引きで、
120円という訳にはいかない。
本日出来高が17億株出来たのは少し意外。買い戻し以外の資金が入っている可能
性もある。
明日の月末、明後日の月初は各種ファンドの設定や入れ替えなど何かとポジショ
ン調整が行われるため、その先取りかもしれない。
ドル円に合わせ目先戻り歩調。


コメント(0) 
共通テーマ:

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。