So-net無料ブログ作成

早くも郵政PKO相場が始動し始めたか [株式]

12日の株式市場は大幅続伸。日経平均株価は前日比270円高の19776円で大引け。
出来高は16.5億株と上昇幅の割には見劣りし、いまだ買戻しが中心。
ドル円は109円台までドル高円安が進行。このままいくと、先週末に雲を割り込ん
だ週足が今週回復してくる。週足は割り込んだ翌週まで確認する必要がある。
本日早朝、国連制裁決議案が全会一致で可決された。ただし、当初の案から大きく
後退。
特に、中国からの原油輸出に関しては実質的にこれまで通りで北朝鮮にしてみれば、
最後のラインは守られた。
労働者派遣に関しても、現状維持でビザの切り換えを行いわないというだけ。数か
月も先の話でどうでもなりそう。
緩んだ内容となったからか、北からの騒々しい反応が返ってきていない。それでも
核・ミサイル開発は予定のスケジュールをこなしていくだろう。
特に、中国は10月18日の党大会までは事を荒立てたくないのが見え見えで、この間、
北はやりたい放題となる。
前回が3日の核実験であったから、来週に何か動くのではないか。
サイバー攻撃という話もあるが、ICBMも完成させる必要があるため、再度の日本跨
ぎのミサイルはいずれ避けられない。
ともあれ、決議案の内容が後退したことと北が挑発行動に出なかったこともあり、
NY株式市場は大幅高。
東京市場もNY市場の大幅高を受け窓を開けて寄付き、大引けまで堅調な展開。
買戻し中心といっても、この強さは違和感があり潮目が変わった感がある。
通常は少しダレルのだがそうはならなかった。TOPIXは雲を抜いてきた。225
よりこちらの動きが実態を捉えている。
単なる買い戻しでないという違和感はおそらく、昨日指摘した郵政株の売り出し
が影響しているのではないか。つまり、PKO。
すでに売り出しのCMが流され始めている。順調に完売するまでは何としてでも
相場を維持するだろう。当局にしてみれば、出来れば2万円を越えておきたい。
当然、値決め日の25~27日あたりに大幅下落していることは許されない。1100円
で決まるか1400円で決まるかで、売り出し総額は3000億円も違ってくる。
これだけの差が生じる状況を財務省が見過ごすわけがない。

コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。