So-net無料ブログ作成
検索選択
2017年05月| 2017年06月 |- ブログトップ

揺れ出したNY市場にご用心 [株式]


28日の株式市場は反落。日経平均株価は前日比94円安の20130円で大引け。

出来高は19.2億株。下落した分だけ押し目買いで出来高が増えた形。


ドル円は112円台。NY市場は大幅安。NYダウは98ドル安の21310ドル、NAS

DAQは100ポイント安の6146ポイント。


配当落ち日であり30円安程度は当然として、NY市場が大きく下げたことで、それ

以上の下落となった。



何といってもNASDAQの下落が目立つ。今後もこのNASDAQの動きは要注意。


どうも先の利上げが効いてきた感がある。バブル株に向かっていた資金が引き上

げられているのではないか。


FFが1%に乗せたことで潮目が変わった可能性は否定できない。新興市場ほど

金利上昇に敏感に反応する。


NY市場のチャートは伸びきっており、もう、いつ10%程度の調整があってもおかし

くない。



東京市場も新興市場が大きく下落した。特にマザーズ。マザーズ指数は2%以上の

下落。日経平均に換算すると500円安のイメージ。


仮に、明日・明後日戻ったとしても無理したくない。



NY株安があるとはいえ、ドル円が112円台に入ったにもかかわらず、株の反応が

ないのは、上を買う投資家不在ということ。


ドル円は112円60銭あたりが上値抵抗ライン。


当面、日本株は海外からの悪材料に引き続き要注意。



コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

都議選明けの7月相場は軟調?! [株式]


27日の株式市場は3日続伸。日経平均株価は前日比71円高の20225円で大引け。
出来高は15.7億株。ドル円は111円台。


NYダウは14ドル高の21409ドル、NASDAQ指数は18ポイント安の6247。



引き続きマーケットは低調。昨日は先週末の新興株の急落の反動高が目についたが

本日はそれも一服。


何より、米国経済が息切れしている。昨晩発表された耐久財受注が前月比▲0.6%予想

が▲1.1%と下振れ。これで111円後半から111円台前半まで急落。



ドル高が進まないと日本株の勢いも出ない。何とか東京の寄付き時にはドルが持ち直し

てきたため株価も強く始まることができたが、勢いはいまひとつ。



さて、来週からの7月相場は腰折れが気になる。今年前半に2月ないし3月の調整をお

伝えしていたかと思うが、実際下落したのは3月20日過ぎだった。


しかも、本格的に調整した4月は3日新甫。7月も同じ。


2日新甫はあまり気にしないが3日新甫が荒れるというのは過去のデータ検証で得てい

る(もちろん荒れない時もある)。



また、今度の7月2日は東京都議選が予定されて点も注目。地方選ながら首都決戦で

あり、衆参議員たちも駆り出されている。


民進は壊滅的ダメージが予想されており、蓮舫代表の辞任含み。自民党は連立を組

む集票マシーンの公明党が都民ファーストと組んだことで劣勢は否めない。


政権サイドがフォーローするとしても具体的な手はない。唯一間接的に株価対策がある

だけ。つまり株価PKOで自民党への逆風要素を一つ潰しておくというもの。


自民は嫌だけど小池は口だけだから、景気もそこそこで、株価も2万円を回復したことだ

し自民でいいか、という無党派層狙い。


さもありなん。とすると、今週は株価も頑張ったとしても、来週から自然体となり値を崩し

やすくなる。



コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

株式市場は今年3回目の14億株割れ [株式]

週明け26日の株式市場は20円高の20153円で大引け。出来高は13.9億株。ドル円は
111円台前半でのもみ合い。
材料難の中、小幅続伸という形だが何と言ってもこの出来高がすべて。14億株を割り
込んだのは今年3回目。
エアバックメーカーのタカタが1兆円以上の負債を抱え破たん。これまで何度も話題と
なっていたこともあり、特段ショック安という広がりはなかった。
といって、あく抜けという訳でもない。一見好調そうな日本経済だが、個別企業はこの
タカタや東芝のようなところもあり、そう簡単な時代ではない。
本日1部市場は薄商いだったがその分、新興市場や材料株に資金が向かった。先週金曜
日に新興市場が急落した反動を昨日指摘しておいたが、それが示現した形。
あとは持続力で、ここからは選別色が出る。気を付けたいのは超低位株が賑わってきた
こと。
これが相場の行き詰まりを示すことが多き、あまりよくない傾向。これらの物色が一
巡すると、少し大きめの調整を迎えておかしくない。
1部市場へ資金回帰できればいいが、そうでないと7月相場は要注意だ。日柄面からも
いいところにきている。
 
 



コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

外人投資家の売り基調で出来高が減衰 [株式]


22日の株式市場は続落。日経平均株価は前日比28円安の20110円で大引け。

出来高は15.5億株。


NYダウは57ドル安ながらNASDAQ指数は45ポイント高。このところちぐはぐな

動きが目立つ。ドル円は111円台。



値動きも小さかったが、出来高が15億株台と全く冴えない。既報通り、6月中旬以降

は減衰、を端的に示したものといえる。


本日の引け味は悪かったが、出来高が出来高だけに信頼性は少し控えめに見た

ほうがいいかもしれない。



4月を除いて今年の相場の傾向として、ダラダラが続いた後ボコッと急上昇するような

展開となっている。なかなか落ちそうで落ちない。


唯一、4月の北朝鮮緊張が高まった際にダラダラ下げが強かったのと、それが緩んだ

後に戻りらしい戻りが見られただけ。


今年の動きを考えると、中途半端なところで売りから入ってもボコッと持っていかれか

ねず、なかなか難しい。


足元でももう一度持ち上げられる可能性はまだ残っている。


こうした中で、大きく動くと知れば海外要因がほとんど。過去は、チャイナショックだったり

ギリシャ危機だったりした。


その点、直近の原油安は少し気になる。着実に40ドル割れへと向かっている。中期的に

30ドルを目指してもおかしくない。


取りあえず、40ドル接近でリスクオフムードが高まる可能性は意識しておきたい。



先週6月2週の投資主体別動向が発表されたが、外人投資家が大幅売り越し。現物だけ

で2000億円の売り越し。


これを個人が550億円、事業法人の1300億円の買い越しで吸収した形。事法の買い

のほとんどは自社株買い。


これで外人のポジション組み入れが5月でほぼ終了したことを確認。これは先も指摘して

おいた。5月に組み入れを終えて6月は売りという経験則通り。





北朝鮮から米国に送り返された意識不明の男性が死去したことが米国で話題となって

いる。誰が見ても激怒する案件。トランプ大統領もしかり。


7月中旬に、中国との100日猶予が切れた後の動きが気になる。


最終的に「米国による北朝鮮への軍事行動強行」という見方は変えていない。




コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

足元では上昇するほど注意が必要 [株式]


21日の株市場は反落。日経平均株価は91円安の20138円で大引け。出来高は
16.3億株。


ドル円は111円台のながらやや円高気味の動き。材料難の中で、株価もこれを嫌

気した感じ。



昨日指摘したアノマリーの6月24日は今年は土曜日なため、週末の23日、週明け

の26日が要注目となる。


仮に、ここに向けて高値を取ってくると日柄面で用心する必要がある。上がれば上が

るほど、最低でも短期、場合によっては中期でのピークとなりやすい。



逆に現在の水準でピークアウトしたとしても、ここまで上昇がもたついた分、下落圧力

も強まらない。日銀ETFもある。


北朝鮮は7月中旬までは中国に任せた100日猶予期間で、いますぐの緊張となりづ

らい。


ただ、核実験強行した場合は要注意で、その場合はマーケットは静観姿勢が強まる。


また、リスクオフからの円高・株安の可能性も否定できない。



コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

6月24日のアノマリーが迫る [株式]


20日の株式市場は続伸となった。日経平均株価は前日比162円高の20230円で

引け。ザラ場高値は20318円。


6月2日に付けた年初来高値を終値ザラ場とも上回った。これで次の目標は20952円

となる。出来高は18.3億株。


20952円は15年の高値で6月24日。奇しくも今年もそれに向かって上昇している。


なお、昨年16年6月24日は英国民投票によるEU離脱派勝利で大幅下落となり
15000円を割り込んだ日。


これ以外にも、6月20日過ぎは株式市場にとって何かと因縁めいた巡りあわせとなっ

ており、ここから用心することに越したことはない。


日柄面から今月中旬以降は減衰傾向と以前お伝えしたが、確かに出来高の面では

20億株を下回る日がもはや日常化してしまった感がある。


2万円回復しても騒がしくないのは、取引高がもう一つという側面が大きい。



本日ドル円は111円台。この水準で株価が高値更新したのは歓迎すべきこと。


ここから、ドル円は113円台まであっておかしくないと見ており、そうなると先物主導
で20500円超えもありうる。


今年5月高値の114円台からその少し上の115円前後まで達すると、20952円更

の目が出てくる。





コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

買いの主役不在の中での2万円台乗せ [株式]


本日の株式市場は続伸となり2万円台を回復。終値は先週末比127円高の20067円。

ザラ場の高値は20087円。出来高は14.8億株。


ドル円は111円を挟んだ動き。必ずしもドル高の動きではなかったが、株価は上昇

した。


これは、先週末に1円以上ドル高となった割に株価の上げが小さかったためだろう。

その修正が本日訪れたということ。


本日の上昇は昨日指摘した通りであり、とりあえずはよかった。ただし、出来高の

15億株割れというのはなんとも心もとない。


2万円は回復したものの、買いの主役が見当たらないということだ。外人投資家は

4~5月に買い越した場合、6月に売り越しとなる傾向が強い。


売り越さなくとも、買い手控えるだけでも勢いは弱まる。国内勢は基本的に逆張り

である。


年金は組み入れ比率の上限があるため仕方ないが、個人が出動しないでどこまで踏

ん張れるか。



ここから外人が買ってくるとすれば、後は、米国株の回復・上昇からの出遅れ日本

株買い、という展開。


その意味ではNY市場、とりわけ調整しているNASDAQの動きは要注目となる。



こうした中にあって、新興市場へ資金は向かわざるを得ない。マザーズは大きく上昇

しているが、バイオ株が動意づいている。


しばらく休んでいただけに一山あっておかしくはない。今回はアンジェスMGが火付

け役となった。




コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

本当に米国は来年も利上げできるのか? [株式]


15日の株式市場は51円安の19831円で大引け。出来高は18.8億株。昨晩のNYダウ

は46ドル高の21374ドルと最高値更新。


だが、SP500は3ポイント安の2437、NASDAQ指数も26ポイント安の6194。


つまり、NYダウだけは順調に見えるが、より市場の実態を示すSP500、さらにそれ以

上に成長企業がNASDAQ市場は頭打ち色濃くなっている。


本日の東京市場もこれを反映した結果、朝から弱含みで一時100円以上下落する場面

もあった。


注目のFOMCは大方の予想通り本年2回目、計4回目の利上げを発表。年内あと1回、

来年3回との見方が市場コンセンサス。


これも、そんなに利上げできるか懐疑的だ。というのも景気がそこまで強くならないと

考えるため。




それを映すように、昨晩5月の米消費者物価指数が0.2%プラス予想だったのが結果は

▲0.1%と発表された。


これはまったく不意を突かれたもので、この時点で110円台だったドル円が109円台20

銭まで1円以上も急落。そのあとのFOMCは単に確認するだけとなった。


これだと、今後の経済指標でよほどのいい数字が出ないとドル高は見込めなくなる。


トランプ政権の経済政策も今年は望み薄で、2%までの低下は現実味を増す。これは当然、

ドル安要因。ひいては日本株にとっては逆風となる。




TOPIXが底堅かったこともありFOMCを挟み2万円回復も意識していたが、消費者

物価のマイナスは想定外だった。おかげでダラダラ下げの展開。


2万円には起爆剤が欲しいところだが、日柄整理優先か。


さらに、本日早朝国会では共謀罪が成立。委員会採決を吹っ飛ばしての本会議採決。

つい最近まで、延長国会で来週に成立といわれていた。


実は、これも株式市場と関連ないとは言えない。



コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

知れ渡った利上げ後のドル安ジンクス [株式]


14日の株式市場は小幅安。日経平均株価は15円安の19883円で大引け。出来高
は17.0億株。ドル円は110円を挟んだ動き。


引き続き、今晩の米FOMCを前に様子見姿勢が強い。


寄り付きしばらくは上昇基調で2間円円を回復したが長続きせずじり安傾向となった。


昨日指摘した通り、TOPIXがこのところ底堅かったことも朝方の上昇につながった。


だが、FOMCを控えリスクを負いたくないということで2万円に乗せた後は上を買う動き

が続かない。


本来なら、昨晩、NYダウが最高値を更新したことで、終値でも2万円はあってしかるべき。


だが、ナスダックの大陰線から戻りが弱いことが響いている印象。(SP500は終値ベー

スで最高値更新、ザラ場はまだ)。



これまでの動きを見ると、NYダウが高値を更新している中では意外と日本株は冴えない

ことも少なくない。


それがNYダウの上昇が止まった後で日本株が買われる傾向がある。つまり、出遅れの買

いが入るというわけ。今月1,2日の急上昇もその類。


FOMCでの利上げは想定内だが、過去の利上げ後にはドル安の動きとなっている。今回も

それを警戒している部分はある。


ただ、皆が意識しだすと相場は逆に動くことが多いのも事実だけに要注意だ。




コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

TOPIXに赤三兵出現 [株式]

13日の株式市場は9円安の19898円で大引け。ドル円は109円台後半。出来高は
16.1億株。明日晩の米FOMCを前に手控えムードが強い。
ただ新たな売り材料が出たわけでもないことから売り急ぐ動きもなし。
明日のFOMCでは利上げはコンセンサスで揺るがないとして、問題はこの先も利上
げペース。
年内にあと1回なのか2回なのか、あるいは見送りもありうることになるのか。これ
が債券市場に反映され同時に為替株式市場へ波及する。
現実的にはあって1回がいいところだろう。トランプ政権の経済政策が年内は厳しく、
景気が過熱する状況にはならない。
米10年債が2%前後まで低下することも否定できない。
本日は出来高が薄かったがTOPIXはプラスとなり、意外に踏ん張った。これでTOPIX
は赤三兵、つまり小幅ながらも3日連続陽線となった。
もっと値幅があれば強い上昇を示唆するところだが、これでも悪いものではない。
しかも、足元の下値は5月の高値に当たる水準だ。つまりS点で下げ止まっており、セオ
リー通りの動きだ。
ここはTOPIXを信頼して目先反発を意識したい局面。



コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

先週末に予告通り戻り高値更新したソフトバンク [株式]

週明け12日の株式市場は先週末比104円安の19908円で大引け。出来高は17.8億
株。ドル円は110円前半の動き。
先週末に2万円を回復していたが、1日で割り込む結果となった。とても、上を買っ
ていく勢いはない。
先週末、ソフトバンクが9476円まで急騰し(ザラ場高値は9521円)、13年12月の
9300円の戻り高値を一気にとってきた。
ズバリ、狙い通りの動きこの上ない展開である
そのソフトバンク株だけで50円ほど引き上げており、本日はその反動もあった。
本日の動きは先週末のNY市場の動きからある程度想像できたが、場味が良くない。
どうもダラダラ調整となっておかしくない雰囲気。
一時160ポイント台まで達していた25日騰落レシオは、ここにきて急低下しとなり、
本日は96.8ポイントまで下落。
もはや過熱感はなくなったが、先の高水準時からの日柄調整がまだ足りない。それま
では局地戦止むなし。

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

またもやらかした日高、投機筋とつるんでいる可能性


8日の株式市場は前日比75円安の19909円で大引け。出来高は19.8億株。


翌日に控えたコミー前FBI長官の公聴会に関心が集まる中、米上院特別情報委員会

はコミー元FBI長官の証言原稿を突然公表した。


「トランプ大統領はFBI長官のポストに留まりたいのかと忠誠を求めた。フリンは

いいやつだからこの捜査は手放していい」との内容。


コミー氏はこれを、「捜査中止の要請」だと受け止めたことが記されていた。




これまでいわれてきた内容だったこともあり、出尽くしからNY市場は反発。ドル円も

109円台後半で東京に戻ってきた。


それを見て株価も2万円を回復して始まった。


だが、本日も朝方に北朝鮮がミサイルを発射したことが心理的に上値追いを押さえた。



そして、17年1─3月期GDP2次速報値が、前期比0.3%増(1次速報値0.5

%増)、年率換算で1.0%増(同2.2%)に下方修正されたことで様子見ムードへ。


更に後場とんでもないことが起きた。



悪名高いブルームバーグの日高記者がまたもやってくれた。日銀の金融政策スタンスの

変更を示唆する記事を流したのだ。もちろんほとんどガセ。


だが、これで一気に円高が進行し株価はマイナス局面へ。明日SQを控えているだけに売

り方にとっては願ってもない売り材料。


というか、これはもう日高は投機筋とつるんでいるとしか思えない。というのも、彼の

ガセ情報は初めてではない。過去何度もある。


素行不良人物としてマーケットでは有名人である。


よくこんな男をいつまでも雇っているものだ。通信社といえども所詮は、配信した記事が

受けてナンボの世界ということか。


記事の内容が本当かどうかは、本人に聞いても守秘義務を盾に取材先を明かすことはない。

とするなら、やったもん勝ちということになる。


そのあたりは各人の倫理観に任せられている。それをいいことに、おそらく日高はヘッジ

ファンドらの投機筋と示し合わせている可能性がある。


引け後、何事もなかったようにドル円は戻りだした。つまり、投機筋としてはガセと認知

されるまでが勝負なのである。






コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

カタールの換金売りは吸収可能なレベル [株式]


カタール断交についてはクェートが事態収拾に乗り出したとの報道。ただ、まだどう

なるかはわらない。


長引くようだと、食料品をほとんど輸入に頼っていることで同国民の生活に悪影響は

避けられない。



マーケットへの影響に関しては、カタールの政府系ファンドの換金売りの有無が焦点。

同国の運用資産は3300億ドル、そのうち約4分の1が株式関連といわれている。


つまり820億ドル(約9兆円)。さらにその中で日本株が80億ドルが組み入れられてい

るといわれる。円換算で約9000億円だ。


もし、これが一気に売却に動けば東京市場の影響は避けられない。だが、全体の中で見

れば40分の1にすぎず、日本株だけが突出して売られることは考えづらい。


まんべんなく10%売却されたとすると900億円。いざ売却となっても、1日ですべて売

るわけではないだろうから、1週間で分散売却として1日130億円となる。


まったく影響ないとは言わないが、日銀のETF買いが入る日が一日700億円であるから、

これをはるかに下回る。


仮に、10%を一日で売却したとしても、それは日銀ETFをやや上回る規模に過ぎない。

50%を1週間で売却の場合は、一日600億円台で日銀の買いを下回る規模だ。


つまり、実需の面からは過度に気にする必要はないということになる。



だが問題は、これにかこつけて投機筋があることないこと騒いで売り仕掛けをしてくる

ことだ。


この場合は、一時的に影響を受けるが、所詮は仮需の売りであり、いずれ買い戻さざる

を得ない。


もちろん、目先、明日8日の英総選挙や、コビー前FBI長官の公聴会証言を控えている

だけに、投機筋もカタールだけにとらわれているわけではない。


こちらがインパクトがありそうな結果であれば、当然カタールリスクなどかき消されて

しまう。



コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

カタールリスクで2万円割れ? [株式]


6日の株式市場は大幅安となり2万円割れとなった。大引けは前日比190円安の

19979円。出来高は17億株。売買代金は2.4兆円。


ドル円は110円割れとなったことが株式市場にも響いた。


もともと、今週8日のイベントリクスを控え、様子見姿勢の部分がある中で先週末

の急騰の利食い優先の状況ではあった。


だが、ここまで下落したのは、どうも昨日発表されたカタールに対する中東6か国

による国交断絶が影響している模様。


この先、カタールが政府運用資産の売却に動きかねないなどが警戒されたためだ。

本当にそうなるかは未知数で、国交断絶も何時まで続くかわからない。


それでも、少なくとも買い材料ではないため、買い手が薄い中で手仕舞いの動きに

押された形だ。



目先は8日の結果待ち。9日はSQであり、しかも今月は3か月一度のビッグSQ。投機筋

による仕掛けで乱高下となってもおかしくない。


本日2万円を割れたが、その割にほとんど取り上げるマスコミはない。もっとも、先週

の2万円回復にしても大して話題とならなかった。



ここでドル円が110円を割り込んできたということは、4月安値の108円09銭(東京時間)

を意識せざるを得ない。


このレベルで止まれば2番底の可能性が出るため。その際は、ほぼ同レベルでもいいが、

少し上(108円台後半)で止まるのが理想的なパターン。




北朝鮮問題を少しだけフォロー。日本海で展開していた米軍の2空母が海域を離れた。

既報通り、ニミッツはペルシャ湾へと向かった。


これで7月中旬までの軍事行動はなくなった。いざ、軍事行動の際は空母3~4隻体制

をとるといわれている。


これから、日本海を離れたカールビンソンは米国に向かうとも言われており、そうな

るとさらに攻撃は遠のく。再度、一から準備を始めるとしても8月以降。


米国内でトランプ大統領への攻撃が続いているため、100日猶予後も北朝鮮は中国に

任せようということなのかもしれない。



ただ、そうはいっても北がICBMの試射や核実験すれば流暢に構えてもいられない。

この場合は国益第一でマスコミも騒ぎ出す。北の出方と併せてみていく必要がある。




コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

完全に戻り高値を射程にとらえたソフトバンク [株式]

5日の株式市場は6円安の20170円で大引け。朝方は利食い売りに押されたものの
深押しはせずに、プラス圏となり20200円台を回復。
引け際に売られたことでマイナスとなったが、出遅れ組の買いが下値は拾った感じ。
ただ出来高は16.4億株と低調。その割に売買代金は2.3兆円に達するなどそこそこ
こなしている。つまり、値嵩株が買われていることを示している。
ドル円は110円台で大きな動きはなかったが、外為市場は今週8日の公聴会、英国
総選挙を注目している。嵐の前の静けさ。
東証1部の騰落レシオが5月25日に164ポイントに達したことは以前指摘したが、
それが本日ようやく120.3ポイントまで低下してきた。
平均株価の天井と騰落レシオがずれることはよくあることで、ほとんどは騰落レシ
オのピークアウトが先行する。
足元の状況をよく観察すると、過去150ポイントを越えたような局面と明確な違
いがある。
一般的に用いられる25日ではなく50日を見ると、全く盛り上がってこないのだ。
通常は、この50日騰落は25日に少し遅れてピークを迎えるが、足元では106ポイ
ントとニュートラルの状態。
こうしたケースは過去ほとんどない。
また、25日は株価に先行性があるが、50日は遅行性がままあるということ。
それを勘案しても、現在106ポイントであるから、株価が調整し25日が低下しても、
いましばらくは余力があるともいえる。
そして先導しているソフトバンクが高値を更新。ザラ場は255円高の9250円。引け
は140円高の9135円。
いよいよITバブル崩壊後の戻り高値=13年12月の9300円を射程にとらえてきた。

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

2万円台回復が視野に入った! [株式]


6月入り最初の取引となった本日の株式市場は大幅高となった。日経平均は前日比

209円高の19860円で大引け。


出来高は17.3億株と昨日よりは減少したが、このレベルは地相場。個人投資家の大

規模売りも出なくなってきた。


現に、本日発表された先週の投資主体動向を見ると、個人投資家は793億円の売り越

しに過ぎない。


対して、外人投資家の買いが220億円と細ったことで市場は冴えない動きだった訳。他、

信託は406億円の買い越しとなっていた。こちらも売り一巡の様子。



先般、20000円までの300円高は1日でいってもおかしくないレベルとしたが、本日は

200円高。いよいよ2万円が視野に入った。


月初のファンドの設定は当然としても、おそらくそれ以外の買いもありそうだ。


どうも、NY株の上昇が止まった後に出遅れ修正として日本株が買われる傾向がある。


既報通り、6月相場は上旬が勝負所。その後次第に減衰するといているため。下旬まで

の持続力は疑問と見ている。



いざ、2万円に到達してくると、意外と短期間で値幅が出る可能性も否定できない。といっ

ても、21000円という訳ではなく20400~20600円あたりまで。


というのも、乗せたら慎重に見ていた機関投資家たちの新規の買いも考えられるため。

よって、20000円+数十円では終わらないだろう。



明日早朝、トランプ大統領はパリ協定からの脱退を発表するという。直接、日本株には関

係ないが、米資源株はこれで注目される可能性がある。


もともと、この地球温暖化論に関しては胡散臭い話と見ている。温暖化ではなく、地球は寒

冷化に向かっているのが実態ではないか。





コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

2017年05月|2017年06月 |- ブログトップ