So-net無料ブログ作成
検索選択

高値更新するTOPIX [株式]


週明け7日の株式市場は先週末比103円高の20055円と2万円を回復。朝から強
く始まったため日中の動きはさほどない。


先週末の米雇用統計が買い要因となったが、出来高は15億株にすぎずほぼ見送り

感が強い。


以前であれば、こうした際は新興市場が活況となっていたが、現在マザーズを中心

に調整入りしており6~7月の買いもたれ感がある。


この整理がかないとマザーズの本格出直りは期待薄。マザーズに投資していた多く

の個人投資家がしこった状態となっている。


マザーズは6~7月の出来高の半分程度まで落ち込んでいるため、このしこりをほぐ

すのには少し時間がかかる。


1部も15億株程度だが、昨年の今頃はまだ20億株近くあり、落ち込んだのはお盆に

入ってから。その点、今年は前倒しで動いている。




日経平均は相変わらず20000円を挟んで動いているという感覚しかないが、そうした

中、TOPIXは本日ザラ場終値との高値を更新。


つまり、徐々に切り上げてきているという訳。素直に見れば、景気が堅調であることを

反映しているといえる。


対して、日経平均は特定値嵩株の動きに左右されやすいのが裏目に出ている。




コメント(0) 
共通テーマ: