So-net無料ブログ作成
検索選択

100日猶予も終わり、北朝鮮に仕掛け始めた米国 [株式]


9日の株式市場は大幅安。日経平均は一時300円を越える下落場面もあった。結局、

前日比257円安の19738円で大引け。


出来高は20.6億株と久々の20億株台乗せ。ドル円は109円台と110円割れ。



北朝鮮問題が一気に浮上したが、いよいよ来たかという感じで特に感慨はない。

それを前提とした、株価下落の備えも耳にタコ状態だろう。



切っかけはワシントンポストが小型核の開発に成功していると国防総省が分析して

いると報道したこと。これを受けて、トランプ大統領がいつもの調子で、


「北朝鮮はこれ以上、米国を脅さない方がよい。世界が目にしたことのないよう

な火力、怒り、はっきり言えば力に直面するだろう」などとコメント。



対して北朝鮮も、米軍出撃拠点と見る米領グアムを、弾道ミサイルで「包囲射撃す

る作戦を慎重に検討中」と威嚇。


さらに、「先制攻撃の兆しがあれば韓国全地域を同時攻撃し太平洋作戦域の米軍基

地を制圧する」と述べた。


両者一歩も引かない構えだが、引き金となったICBM搭載の小型核開発が実現して

いるという報道は実は怪しい。ここで急に出てきたのは相当に違和感がある。


つまり、100日猶予が終わったことで、いよいよ米国が動き出したサインという訳で

ある。実現云々は方便だろう。


本日のところはまだ口先の応酬であり、緊張が高まるのはまだ少し先だろう。米国も

夏休みでことを起こすにはタイミングが悪い。


ここでアドバルーンを上げて世論の反応を見ているのではないか。その点、米国民の

半数、共和党支持者の74%が対北朝鮮強攻策を支持。


これはトランプの支持率より大きく、対北政策を後押しする材料となる。米国民、米

マスコミとも、自国が脅威にさらされれば一致団結して強硬姿勢を取る。


トランプもその点はわかっている。最終的な軍事行動はまだ何段階かあり、本日はまだ

ジャブの応酬の段階。


よって、マーケットもこのまま一気に下落ということではないだろう。が、今後ミニ

リスクオフで19000円強。本格的リスクオフで18000円前後が目安。



コメント(0) 
共通テーマ:

決算発表たけなわも伸び切れないEPS [株式]


本日の株式市場は反落。日経平均株価は前日比59円安の19996円で大引け。

出来高は16.5億株。ドル円は110円台。


NY市場が高かったが、東京市場は引き続き様子見ムード。やや円高となったとは

いえ110円50銭台であり、2万円を割り込んだのはちょっと意外。


おそらく、昨日記したとおり週末のSQを睨んでの仕掛けがあるのだろう。買い方は

ぜい弱なため、仕掛けられると売りに押されてしまう。


足元の4-6月期業績発表はまずまずで、上方修正も出ているが、依然としてEPS

は1270円台で横ばい。


これでは全体を押し上げる力にはならない。1300円台が見えないようだとと外人

も入ってこれない。




コメント(0) 
共通テーマ:

高値更新するTOPIX [株式]


週明け7日の株式市場は先週末比103円高の20055円と2万円を回復。朝から強
く始まったため日中の動きはさほどない。


先週末の米雇用統計が買い要因となったが、出来高は15億株にすぎずほぼ見送り

感が強い。


以前であれば、こうした際は新興市場が活況となっていたが、現在マザーズを中心

に調整入りしており6~7月の買いもたれ感がある。


この整理がかないとマザーズの本格出直りは期待薄。マザーズに投資していた多く

の個人投資家がしこった状態となっている。


マザーズは6~7月の出来高の半分程度まで落ち込んでいるため、このしこりをほぐ

すのには少し時間がかかる。


1部も15億株程度だが、昨年の今頃はまだ20億株近くあり、落ち込んだのはお盆に

入ってから。その点、今年は前倒しで動いている。




日経平均は相変わらず20000円を挟んで動いているという感覚しかないが、そうした

中、TOPIXは本日ザラ場終値との高値を更新。


つまり、徐々に切り上げてきているという訳。素直に見れば、景気が堅調であることを

反映しているといえる。


対して、日経平均は特定値嵩株の動きに左右されやすいのが裏目に出ている。




コメント(0) 
共通テーマ:

米国株3指数の異常な跛行色に要警戒! [株式]

3日の株式市場は反落。日経平均株価は前日比50円安の20029円で大引け。出来高
は16.8億株。
一時19985円と2万円を割れる場面もあったが、日銀EtF733億円が入ったこともあ
り終値では2万円を維持。
伝えられるように、この日銀ETFは日経平均型からTOPIX型となっているといわれ、
それは指数の動きにもよくあらわれている。
本日TOPIXは0.56ポイント安でほぼ前日と変わらない。本来なら4ポイント安となっ
てしかるべきところだ。
おかげで両者の日足も少し違ったものとなっている。日経平均はダレたがっているが、
TOPIXは昨日高値更新したように上に行きたがっている。
これほど印象が違う局面はちょっと記憶がない。
また、これはNY市場においてもいえる。昨晩のNYダウは52ドル高の22016ドルとなり、
始めて22000ドルの大台に乗せてきた。これで7か連続高だ。
だが、SP500は僅かに1.2ポイント高。NASDAQ指数はマイナスだ。NYダウは一部の
株が買われていることで上昇している状態。
日足チャートを見ると、NYダウはこれで6連陽だが、SP500とNASDAQ指数は3連陰で、
6日間では一陽介在5連陰である。
このNYダウとSP500・NASDAQの跛行色も異常に映る。
昨晩などはアップル株が4%以上も上昇していながら、NASDAQ指数はわずかだが下落
しており、どう見ても相場は調整したがっている。
とにかく、もうNY市場はレッドランプがともっている。当面、大いに要警戒モードだ。
とすると、東京市場も慎重に見ておく必要がある。緊張が弛緩しきっているため、最悪
の場合、1日で500円安があっても驚くことではない。

コメント(0) 
共通テーマ: