So-net無料ブログ作成
検索選択

「黄色いサルは何人死んでも構わない」の不変思考 [株式]

2日の株式市場は続伸。日経平均は前日比94円高の20080円で大引け。出来高は
17.1億株。ドル円は110円台でドル安が一息ついた。
日経平均は相変わらず20000円を挟んだ動きに映るが、TOPIXはザラ場、終値と
も少しだが高値更新。
これを日経平均に当てはめるなら、20300円台に入った感覚だ。実態は日経平均
より強いということ。
この日の上昇は昨晩のNY市場の上昇が買い先行の動きとなったが、NYダウはさら
に最高値を更新してきた。
一方、SP500は終値、ザラ場とも最高値までわずかに及ばなかった。終値2476
ポイントは目標値の2486ポイントまであと10ポイント。
連日、政権人事でお騒がせのトランプ大統領だが、1日に共和党のグラム上院議員
がトランプ大統領と会談した際の会話が話題となった。
トランプ大統領は米国を標的とするICBM開発を阻止するため北朝鮮と戦争も辞
さないと語ったとのことだが、これはこれまでの言動から驚くに値しない。
問題はここからで、トランプ氏は「戦争が起きるなら向こうでやる。大勢が死ぬが、
米国ではなく向こう側で死ぬ」と話したという。
これは今春、月刊誌で細かく分析しておいた通りの彼らの本音というか思考である。
つまり、黄色いサルの朝鮮人や日本人にいくら被害が出ても構わないということ。
この思考回路があるからこそ、70年前の日本に2発も原爆を落とせたわけである。
当時も現在も、究極的な思考回路はかわるものではない。
戦後、アメリカに楯突いて無傷でやり過ごした例はない。
国内では明日の内閣改造を前に続々と入閣内定が報じられているが、どうやら手堅
くまとめている感じ。
これまであまりに素行の悪さが目立っただけに正解だろう。有名でなくても野党に
つけ入る隙を与えないことだ。
失点さえなければ、景気もいいことから安倍政権の支持率は遠からず持ち直す。

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

3日の内閣改造でPLOの可能性も!? [株式]

8月最初の取引日となった1日の株価は、前日比60円高の19985円で大引け。出来高
は19.4億株。ドル円はややドル安円だの動きで一時110円割れとなった。
その割に株価が堅調だったのは、月初ということでファンドの買いが入った影響だ
ろう。
1部市場は堅調だがマザーズが急落。先週末から軟調な動きとなっていたが、仕手
系株が崩れたことが広く波及した。
ビットコインの分裂が影響しているのかもしれない。
マザーズには先物があり投機筋が売り浴びせてきた感がある。1部市場は日銀の買
いが控えているため売りづらいため、マザーズが狙われた感じ。
それもNY市場がちぐはぐな動きとなっており、NYダウは好調ながらNASDAQ市場
が頭打ち感が出ているという背景がある。
NYダウだけ見ているとこの相場は捉え違いをしそうだ。
そのNYダウも、昨晩21927ドルの目標値をザラ場で達成。SP500は先週、目標値
まで2ポイント違いできたが達成できなかった。
SP500が目標値を取ってくると、日柄的にも水準的にもより要警戒となる。
今週までブレやすいとの見方は、今回は新興市場で示現した。目先、リバウンドは
あるだろうが、まだ油断できない。
明後日3日は内閣改造が控えているがこれは一つのマーケット変動要因となりそう
だ。
内閣の陣容によっては失望売りを招く可能性もあるが、安倍政権としては支持率の
回復を意識しているためそれだけは避けたい。
よって、起死回生策として忖度PKOの可能性があり、大幅高の線もありうる。
いずれにしろ、どちらかに大きく振れるのではないか。

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

8月から要注意入りとなるNY市場 [株式]


7月最終取引日となった本日は小幅安。日経平均は前週末比34円安の19925円で

大引け。出来高は23億株。ドル円は110円台。


最近のドル安・円高の流れの中、土曜日の北朝鮮ミサイル実験もあってなかなか

ドル安が止まらない。


それも、何度か指摘している通り円売りポジションがたまりすぎて整理が進んで

いないことが大きい。


今週末は米雇用統計が発表されるが、たとえここで予想よりいい数字となったと

しても、戻り売りに押されてドル高は続かない可能性がある。


逆に予想より悪ければ110円割れから一段の円高となる。




明日から8月相場だが、本日山口でゲリラ豪雨が到来したようだが、7月はまさ

に水害の月となった。2つの凶神がいたためだ。




7月は値幅が小さい日が続いたが、8月はその感覚でいると大怪我の元。下値は

日銀ETfの買いが控えているという安心感が逆に怖い。


戦場では、気が緩んだ方が一気に持っていかれることは歴史が証明している通り。




これも何度か触れているがNY市場が気になる。日柄では月ベースで今年は9月が

重要月だが、前後1か月を含めると、もう8月は要注意月に入ってくる。


NYダウ、ナスダック指数とも月足は伸びきっており、いつ調整入りしてもおか

しくない。



先週、FG指数が81まで上昇し前回の3月1日以降は調整となった旨お伝えしたが、

27日のナスダック指数は4層倍達成後の大包みの大陰線となった。


これは非常に気になる動きと見ている。


NYダウ、SP500も目標値まであとわずかに迫っている。これをとってくると

いよいよもって要警戒となる。




コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

辞める蓮舫、市場を走らす [株式]

27日の株式市場は小幅続伸。日経平均株価は29円高の20079円で大引け。出来高
は18.3億株。ドル円は111円割れから111円台前半まで徐々に切り返す動き。
NYダウは52ドル高の21763ドルと最高値更新。ただボーイングによるところが大
きく、SP500は+2.2ポイントに過ぎない。
昨晩のFOMCは想定の域をできるものではなく、それがNY市場にとってはよかった。
金利の上昇を防ぐ一方、企業業績が堅調な分を反映できるためだ。
この構図が変わらない限りは急落は考えづらい。
その点、8月中旬以降は9月の資産圧縮懸念が台頭するだろうからここは注意が必要
となる。
NY市場が順調な中ドル円が円高で帰ってきたことで株式市場は反落して始まったが、
押し目買いが入りプラス圏に浮上し一息ついていた。
そうした中、民進党の蓮舫の辞任が伝わりや急伸。これで日本が良くなるという理屈
のようだ。どれだけ嫌がられていたかということがわかる。
さしずめ「辞める蓮舫、市場を走らす」といったところ。だが、蓮舫以上の党首が誕
生すると安倍政権にとっては手強い相手となる連想から、行ってこい。
事実、自民党としては蓮舫に留まってほしいというのが本音。そのために自民党とし
ては彼女の二重国籍批判も控えてきた。
さらに、稲田防衛相の辞意が伝わったがこれは市場はどうでもいいこと。どうせ来月
3日の内閣改造で交代させられる流れにあった。
彼女の登用は完全に安倍首相の間違い。ポスト自体か、あるいは防衛相にするとして
もタイミングが悪かった。
どうも、安倍首相は派閥の言うことを聞きすぎるあまり人事は下手で3日の改造で間
違えれば命取りになりかねない。
とにかく、自民党は当選回数だけ重ねても能力不足の議員が多すぎる。ただ学歴や
家並みがいいだけ。
もっとも、これは野党にも言えることでどっちもどっちといえばそれまで。


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ: